資格と優遇

今のところ、この仕事に就くための資格は特にない。しかし新たに人材を募集する際には、介護福祉士の資格を持っている人を優遇する施設が増えている。逆に介護福祉士の試 l 験に挑戦する人は、その大半がだ。福祉の最前線。現場を知りつくしているだけに、より専門性を深めたいと考えるのだろう。夜でも仕事をする。多くの施設では 3 l ムを例にとると、入所者 人に対し 1人(規模や地域によって若干のパラつきはある)かそれ以上の配属が義務づけ られており、職員総数の半数以上を占めている。鈎年現在、寮母全体の実に 、 人の寮母が老人福祉施設で働いている。  やすいゆきこ  1972年東京都生れ.短大事察後、ケアワーカーとして「さくら苑に就厳し.現在 安井さんは、高校のときに進路を決定するにあたり、母親と相談して介護職への道を選んだ。「これからは高齢化社会だから」と一応時代の動きを読んだものの、家には祖母がいて老人に親しんでいたことと、「おじいさん」という存在への憧れが大きかったことも あり、ほとんど迷う乙となく決めてしまったという。介護福祉コ スのある短大に進み、卒業と同時に介護福祉士の資格を取得、以来ずっと「さくら苑」で働いている。現在はチ フとなり、主にデスクワ 1クと後輩指導の毎日だが、人と接する仕事が好きだという気持ちに変わりはない。 「仕事を始めた最初の 1年はただがむしゃらでした。先輩も黙ってそれを見ていたんです。

出典: